クレジットが落ちてない!

今日買い物のついでに「そうだ通帳記入をしておこう」と思って銀行に行ったら、記帳された通帳を見てびっくり。

娘の塾の費用が4万円も落とされているではありませんか。

そういえば3月と4月の2回に分けて、年間の教材費や施設費を引き落とすというプリントを、2月くらいにもらっていたような記憶が。

すっかり忘れていました。

 

その予想外の4万円が他の引き落としに影響していないかな?と調べてみたら、なんと、クレジットカードの引き落としが落ちていないことに気付きました。

たまたま冬に大きな買い物をしてしまっていた分がまとめて落ちる月だったので、残高が不足になってしまったようです。

 

さっそく家に帰ってから、ネットバンキングを使ってクレジット会社の銀行口座に引き落とし相当分を振り込み手続きをしました。

カード会社の明細をよく読んでみると、引き落としできなかった場合には小切手を振り出すか、銀行振り込みをしてくださいと、小さい字で書いてありました。

そんなところ、普段は読み飛ばしてしまっています。もう2年以上、毎月明細が届いていますが、一度もしっかり読んだことはなかったですね~。

 

しかし、通帳の記入はマメに行っておくべきですね。

以前など、仕事をしていて忙しかったのもあり、毎月給料日にしか記帳していなかったことも多かったんです。

でも今回のように、予定外の出費があった場合、それ以降の引き落とし日の取引ができなくなってしまう可能性がありますよね。

これからはもっと気を付けるとともに、もう繰り返さないようにしたいと思います。

ヒヤヒヤした一日でした。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

恐怖の五月末がやってくる!

もうすぐ恐怖の5月がやってきますね。

この月は、各種税金が一気に支払期日を迎えるので、毎年ヒヤヒヤするんですよね。

実際に、これまでに一度だけ、税金が期日までに払えなかったことがあります。

 

数年前に、固定資産税が一括で払えずに、分納になったことが。

いつも、どんな税金も一括で全納してきたんですが、そのときだけは1期分ずつになりました。

わずかですが全納よりも高くつくし、何より支払い終わっていないのが気持ち悪くて。

他の口座からお金を借りてくることもそのときはできなくて、数か月ですが苦しい思いをしました。

お金を借りたい

 

そのとき窓口の人に言われたんですが、全納用の払い込み票に限っては、期日を過ぎても窓口で受け付け出来るんですよ、っていうこと。

要するに、全納する意志がある人は、5月末の期日を過ぎても、全納するのであれば、ちょっとくらい待ってくれるっていうこと。

 

よくコンビニ用の支払い票で、「ピーッ」って機械にはねられちゃうことってありますよね。

私が行ったのは郵便局でしたが、そこの窓口では期限が過ぎていても受け付けてくれるそうです。

もし5月末の期日までに払えなくても、例えば6月になったら全納できるなというときには、その払込票が使えるんです。

8月くらいまでなら大丈夫ですよ、って確か窓口の人が言ってました。

 

まあ本当は、そんなことにならないに越したことはないんですけどね。

楽しいゴールデンウイークが過ぎたら、いよいよやってくる5月の末。

今年は無事越せるでしょうか。ドキドキしますね。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

親から借りたお金で…

家のローンを返すのに、信頼できる人からお金を借りて、一括で返済してしまって、借りた金額を何年かで割って、少しずつ返していけたら理想的だな…と思っています。

実際にそうやって、親からまとまったお金を借りてローンを返済したり、最初から現金で一括で家を買ってしまったという知人もいます。確か親から2000万円借りたと言っていましたね。

 

そうできれば、どんなにいいかと思います。

余分な金利を払わずに済みますからね。

元本だけを、20年や30年で均等に割っていいのなら、同じ金額を銀行から借りるよりも、随分少ない金額で済みます。

 

我が家の住宅ローンも、残り1500万円を切ったので、親から1000万円を借りて一気に繰り上げ返済してしまって、残り500万円は自分たちで繰り上げ返済をこつこつ頑張りつつ、親に毎年80万円くらいずつ15年くらいで返していけたら理想的です。

 

まあ実際には、その金額を借りられたとしても、親が元気なうちに全額返してあげないと申し訳ないですから、もっと多くの金額で、短期間で返すことになるんでしょうね。

 

知人は、自分の妹が親から3000万を現金で借りたのですが、毎年100万円の30年払いにしていると聞いて怒っていました。

一体親が何歳になるまで借り続けるんだ!ということですね。

今ご両親は65歳ですから、完済時には95歳。さすがに、知人が怒るのも理解できます。

 

我が家の両親はもうすぐ70歳。

もし借りられたら、やはり10年くらいで返すことになるのでしょう。

それはそれで、金利は払わなくていいけれど、大変なことには変わりないですね。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

春からお給料はどうなる?

そろそろ今年度も終わりですが、主人の会社のお給料体系がどう変わるのか、興味津々です。

人事の体系が見直されて、給与の控除の項目が変わったりするそうなんです。

まあ引かれるものの中身は変わり映えしないとは思っているんですが、他の企業で言われているベースアップ、さて主人の会社でも実現するんでしょうか?

 

これまでかなりの長い間、給与は据え置き続き。

それどころか引かれる税金関係はじりじりと増えて、手取り額は減っていっている感覚しかありません。

結婚した当初は、「毎年これくらいずつ増えるから~」なんて、将来の手取り額を計算したりしていたんですが、そんな夢のような結果にはなりませんでした。

その頃想像していた48歳の時の手取り額と、現実の額では、多分10万円くらいの開きがあるんではないでしょうか。

 

理想と現実の格差を嘆いても仕方がないので、現実重視でやってきましたが、さすがにもういい加減、基本給を上げていただかないとやっていけません。

子どもがひとりの時代からお給料が上がらないのに、子どもがもうひとり増えていますし、教育費が家計を圧迫していますから、生活の質はずいぶん下がっているはず。

 

新聞などでA社は4000円、B社は3500円なんていう数字が踊っていますが、ぜひうちの会社も3000円くらいは上げていただきたいです。

砂漠に水を撒いたようにすぐ蒸発してしまうような金額ですが(笑)今後消費税も上がりますし、最低限これくらいは必要ですよね。

カテゴリー: キャッシング | コメントは受け付けていません。

中学の物品販売

長女が卒業し、いよいよ4月から中学校生活がはじまります。

明後日は中学校に、物品販売の移動カーが来るので、行ってこようと思ってるんです。

先月くらいに小学校からプリントでもらっていたんですが、あまりしっかり見ていなかったので、今朝引っ張り出してきて見ていたら、けっこういろいろなものを買わないといけないんですよ。

 

半そで体操服、長そで体操服、長トレパンに半トレパン、上靴と体育館シューズとサンダル、指定カバンの大小、アルトの笛、絵の具セット、ウインドブレーカーは必ず購入と書いてあります。

それぞれ1つで計算しても、2万円おつりが少しだけ。

 

先輩ママに体操服について聞いてみたら、みんな2枚ずつ買っているみたい。

半そで体操服が一枚2000円、長そで体操服が一枚3800円ですから、余分に買うとそれだけで5800円の出費が増えます。

どうしようかな~と悩んでしまいますね。

 

ちなみに、小学校は体操服は1枚で済ませていました。

特にそれで困ったことはありませんでしたね。週末にしか持って帰ってこないし、仮に汚してしまってイレギュラーに平日持って帰ってきても、うちは夜に洗濯するので、朝には乾いていて、困ったことはないんです。

中学の体操服、どうするよ~と、同級生ママと今日も話していたんです。

 

とりあえずうちは、一枚だけ買って、様子を見て後日の物品販売で買い足そうかな…と思い始めています。

名入れの体操服だったら早く注文しないといけませんが、ゼッケンを縫い付けるやつなので、最悪の場合は4月の後半の物品販売でもいいかと。

5800円、ばかにならない金額ですからね~!

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

家計に個人のお金を貸す

お金を借りるといえば、私は日常的に自分の他の口座からお金を借りています。

家計用は主人の名義ですが、これは純粋に私の名義で、個人的な貯金です。

働いていたときの貯金の残りや、出産してからもたまに選挙のお手伝いに行ったりして、お茶代くらいのお金をもらっていました。

そういうのを入れている口座なんですが、ここ最近は家計のほうに臨時出費が相次いで、一時的にそっちから借りてきてるんです。

 

借りてきてるというからには、返さないといけませんが、さていつになったら返してもらえるやら。

家計用が足りなくなった原因は、娘の塾の教材費の一括引き落としや、制服代などの臨時出費です。

月々のやりくりはすでにギリギリなので、やはり夏のボーナスからってことになるのかなあ。

でも夏のボーナスは、日々の赤字を埋めないといけないし、私の個人的な口座に返してもらうほど余裕があるのかは定かではありません。

 

まあでも、こうやって穴埋めできる口座があって、よかったのが本当のところ。

もしなかったら、困窮していたでしょうからね。

両親に頼ることもできると思いますが、さすがにこの歳で恥ずかしいですし、後々ずっとこのことを言われ続けそうです。

うちの娘はいつまでたってもやりくりがヘタで…なんて、親戚の前で言われたくないです(笑)

 

まあ数万円の貸しなので、長い目でみて、少しずつ返してもらいます。

この春、休みがとれたら行こうと思っていた温泉は、行けそうにないですけどね。

仕方がないとあきらめるしかなさそうですね。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

ひと月足らずで8パーセントに

今日スーパーに買い出しに行ったら、税金の表示方法が変わっていました。

先週はまだ変わっていなかったので、おそらく3月1日からということなのかなと思います。

あとひと月足らずで、税率が8パーセントになりますね。

 

先日テレビを見ていたら、例年以上に3月に結婚式を挙げたいというカップルが多かったんだそうですよ。

消費税というのは消費した日の税率が適用されますから、3月中に式を挙げたら税率は5パーセント。

契約は3月までにしていても、実際に式を挙げるのが4月なら、8パーセントが適用されます。

というわけで、どの式場でも3月は予約でいっぱいなんだそうです。

 

とはいえ、4月以降の挙式がガラガラかというと、そうでもないみたいですよ。

式場のほうも工夫していて、4月以降の挙式について値引きしますよというプランもあるとか。

最近は景気の回復の効果なのか、結婚式にかける費用が上がっているそうです。平均で300万円を超えているということなので、5パーセントから8パーセントに上がったら、9万円のアップになります。

9万円あったら、ええテレビ買えますよ!とアナウンサーが言ってました。確かに新生活にいるものがいくつか買えちゃう金額ですよね。

 

私が結婚したとき、消費税は3パーセントでした。

そう考えると、結婚するにもなかなか大変な時代になりましたね。

もし今結婚を考えていたら、式挙げるのをやめて入籍だけにしちゃおうか?なんて、提案しているのかも…なんて考えてしまいました。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

老後の蓄え

このところ主婦友達の間で、お金のことがよく話題にのぼります。

最近では、老後のお金について話が止まらなくなって。

 

5人で話していたんですが、その中で老後のお金を貯めている人はひとりだけ。

あとの4人の家庭は、今必要なぶんで精いっぱいというところです。

どの家庭にも幼児や小学生がいて、出費は右肩上がりです。とてもじゃないけれど遠い先の備えよりも、今日の出費が大事。

 

ひとりだけ老後のお金を貯め始めているというお宅は、上のお子さんは社会人と高校生、下の子が中学生という、子ども関係の出費が少しずつ減っている家庭です。

彼女はわかいときにまとめて出産しているので、一番大変な時期はもう抜けそうなんですね。ですがあとの4家族は、まだまだこれから。

 

うちは下の子が5歳ですから、22歳で一段落として、あと17年もあります。

大学を卒業したらニートさせる気は全くないし、就職したら家を出すか、家にいるならお金を入れさせるつもりですが、それでもその日はまだまだ先ですね。

そのころには主人も定年退職してます。ですから老後の蓄えより先に、下の子の進学費用を貯めておかなくてはなりません。

 

子どもが大学を卒業してほっとしたとき、もう職がないなんて、恐ろしすぎます。

ですがそれが我が家の現実。

少しずつでも貯めれればそれに越したことがないのは、じゅうじゅう分かっているんですが、そんな余裕はないんです。

今になって、子どもをもっと若いうちにまとめて生んでおくべきだったか…なんて、取り返しのつかないようなことを思ったりしてる私なのでした。

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。

子どものお小遣い

今は子どもにお小遣いをあげていますが、我が家は子どもが小学4年生くらいになるまでは、子どもにお金をかなり使わないほうの家庭でした。

それでいいと信じて疑っていませんでした。

例えば、周囲の子どもたちがみんなDSを持っているのに「うちでは買わないよ」と言って、ずっとそれを実行してました。

また雑貨屋さんで「このエンピツが欲しいな」と言われても、「まとめて箱で買ったエンピツがまだいっぱいあるでしょ」と言って、いらないものは買わないよと宣言してました。

 

決して間違ったことではないと今でも思うけれど、もう少しゆるくしてやってもよかったんじゃないかなと、今では思います。

どうしてもしたいこと、ほしいものがあると、子どもはときに隠れてやってしまうことがあるからです。

娘が低学年だったころは、おうちでDSを貸してくれる友達のところに入り浸ったりしてました。そのときには全く知らず、後になって教えられるという始末。

それをきつく叱っても、結局自分が持っていなくて、でもどうしてもやりたいものだから、その原因が解消されない限りは、またやってしまいます。

そこはまだ子どもなので、意志の力が弱いんですよね。

そういったことを何度か繰り返して、結局うちも周囲にだいぶ遅れてですが、DSを買ってやりました。

 

そのような経験をしてから、子どもにはある程度の年齢になったら、自由に使えるお小遣いをあげて、好きなものを買わせてやったほうがいいんだなと思うようになりました。

ソフトなんかも、欲しいものがあったら節約して貯金してますからね。

下の娘はこれからですが、もう同じ失敗はしないように心掛けてます。

カテゴリー: キャッシング | コメントは受け付けていません。

一円玉の製造がフル回転

昨日のニュースで、1円玉の製造をフル回転しているというのをやっていました。

この4月から消費税が8パーセントになるのにそなえて、ということです。

5パーセントの時代よりも、より1円玉が必要となるということなんでしょう。

 

かつて3パーセントになったとき、1円玉が足りなくて大騒ぎになったことを、そういえばなんとなく覚えています。

まだ中学生か高校生だったと思いますが、少額なものを買って、1000円札なんかで出したら「おつりないわ!」と言われた覚えがあります。

 

今回はそのようなパニックにならないように、万全の備えをしているんですね。

とはいえ、心が浮き立つ準備ではありませんね。

プラス3パーセントの消費税が、家計に及ぼす影響が気がかりでなりません。

 

できることはといえば、より一層財布のヒモを固くすることくらいでしょうか。

とにかく開かないこと、でしょう。

生活必需品にかかる税金は、できれば低く設定してほしかったですね。

外国では食材に関しては、税率が低いそうじゃないですか。

そして調理済みの食品(すぐに食べられるものや外食)に関しては高くしているそうです。

日本でもそういう試みを、後からでもいいのでぜひやっていただけたらと思いますね。

 

さらに10パーセントになるという消費税。

本当に頭が痛いですが、これを機に、さらなる節約を実践していけたらと思ってます。

小さなことからこつこつと。より一層その標語が心にしみる今年の冬です。

 

カテゴリー: お金を借りる | コメントは受け付けていません。